www.transmissionfields.com/

看護師の種類について

看護師の種類について

看護師が看護婦と呼ばれていた時代は、白い看護服を着て優しく対応してくれる事から、白衣の天使とも呼ばれていました。
現在は、看護師の看護服は白ではなく薄いピンクである病院もありますので、必ずしも白衣というわけではありませんが、今の看護師は接客業のように、申し訳ないくらい親切です。
看護師には准看護師、正看護師があり、責任ある立場になれるのは正看護師で、仕事内容は同じでも給料が高いのは正看護師です。
正看護師になるには国家試験を受ける必要があり、受給資格を得るためには勉強が必要ですが、准看護師として働きながら正看護師の勉強をする人も多く、病院側が手助けしてくれることもありますので、少しでも上を目指したい人は正看護師になると良いでしょう。
もっと詳しく調べたい方はここ→夜勤専従 看護師に書いてあります。

 

看護師の資格は今も昔も人気の資格の一つで、持っていれば就職に困ることは無いといわれていましたが、実務経験がない状態だと受け入れてもらえないところも多いです。
医療知識があるので持っていて損は無いですが、取得するのであれば資格が役立てる職場が良いと思います。

 

こちら⇒⇒院内保育園のある病院を参考にするといいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ